閑架式

<   2010年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

クランクアップセレモニーもよかった

NHKの朝ドラ 『ゲゲゲの女房』 が面白くて仕方がない。
ここのところ個人的にきわめて厳しい状況が続く中、
朝、出勤前にこのドラマを見ることで
すごく気分良く家を出ることが出来ていたのに、
来月で終了してしまうのが本当に残念。
最終回までに状況が好転していれば良いのだけれど。
[PR]
by kanjinkankyo | 2010-08-28 22:56 | 日記

布石

先日来、少ない人脈でなんとか社内の情報を集めてみたが、
調べれば調べるほど危機的な状況が浮き彫りになってきて
そして今日知ったある事実の衝撃で逆に冷静になってしまいました。
自分の身は自分で守る。そのために打てる手はすべて打っておこう。
[PR]
by kanjinkankyo | 2010-08-18 22:57 | 日記

憤懣やるかたなし

前線を遠く離れた首都ハイネセンで、わが身の安全のみを保ちながら暖衣飽食し、それにあきたらずヤン・ウェンリーを呼びつけて、秘密裁判ごっこに興じているであろうトリューニヒト一派の政治屋どもの顔を思い浮かべると、キャゼルヌは、深刻な憤怒が胃を灼くのを感じた。

「何にしても、わが同盟政府には、両手をしばっておいて戦いを強いる癖がおありだから、困ったものですよ、ビュコック提督」


『銀河英雄伝説3 雌伏篇』より


…………熟練兵を引き抜いたうえ、補充兵を半数だけよこし、
今までに倍する戦果をあげよ、などと血迷ったことをぬかしはじめた
莫迦どもにつける薬はなし。資金に余裕が出たから副業に手を出して、
予想通りコケてもトップの面子を守るためだけに大赤字出しながら続けてきて、
そのツケを今になって我々に払わせるというのは、あまりにも納得がいかない。
切るんなら当該部署の人員を切れ!それより副業にゴーサイン出した
役付きの連中のサラリーをカットするのが先だし、筋だ!


……と吼えても状況が好転するわけではないし、
なにより我々に魔術師ヤン・ウェンリーはいない。
もはやシフトすらまともに回せない人数でなんとかするしかないのだ。
部署が先に消えるか、スタッフが先に潰れるか(この場合でも部署は消える)
先の先まで見えているデス・ゲーム。明日はどっちだ!?
[PR]
by kanjinkankyo | 2010-08-14 00:06 | 日記

つくもがみ貸します / 畠中恵

タイトルから妖怪ものを期待して買ったが、
江戸時代を舞台にした軽いミステリ+恋愛+人情ものだった。
解説では「妖怪度が濃い」と言っているが、正直な所かなり薄い。
付喪神は毎回のように出てくるが、探偵役の人間の
露払いのようなことをしているだけで、脇役以上のものではない。
話自体も抑揚が少なく、オチも想定の範囲内。
妖怪度以前に、お話そのものがかなり薄味だった。
同著者の『しゃばけ』シリーズは妖怪ものとして
かなり評価が高いようだが……読むや読まざるや?
[PR]
by kanjinkankyo | 2010-08-12 21:41 | 読書

世界悪女物語 / 澁澤龍彦

「ボルジア家の毒薬」で有名なルクレツィア・ボルジア(チェーザレの妹)や
毒殺魔ブランヴィリエ侯爵夫人、処女王エリザベス一世など
史上に名を轟かせた12人の「悪女」の履歴を物語る作品。
意図したものか不勉強のゆえかは知らないが、
史実と、伝承として人口に膾炙したエピソードであっても
歴史的事実としては疑わしい事跡を
同列に扱っている点には注意が必要である。
(もっとも、この作品が刊行された昭和39年時点で、
個々の人物史についての研究が進んでいなかった
可能性を考慮しなければならないだろう。
歴史を題材にした作品として、事実より面白い伝説を採用したのかも知れない。
また著者は歴史学の専門家ではない)

史上に有名な人物を取り上げているので、当然知っている話が多かったが
『フレデゴンドとブリュヌオー』というフランク族の女傑の話は
まったく知らなかったため新鮮な気分で読めた。

正直、「悪女」とくくるには少々違うんじゃないかという人物もいたが、
どの女性も強烈な個性で極端な人生を生きたことは確か。
性別に限らず、気の赴くままに生きていけたら…と考えることは
ままあるので、彼女らの生き方には少なからず魅力を感じる。
真似しようなどとはこれっぽっちも思わないが(笑)
[PR]
by kanjinkankyo | 2010-08-11 22:52 | 読書

食べる人類誌 / フェリペ・フェルナンデス=アルメスト 訳:小田切勝子

Amazonでたまたま目にしたモノを購入。
「食」の観点から人類の歴史を鳥瞰した書。
ハヤカワから出ているから・・・というわけでもないだろうが、
カニバリズムと健康食品の根にある意外な共通点など、
ユニークな捉え方が面白く、特に五大穀物の章で出てくる
小麦が世界に広まる過程の考察は
相対的な視点がもろにSFという感じで興味深かった。
惜しむらくは、読了に長時間を費やした原因であろう読みにくさか。
[PR]
by kanjinkankyo | 2010-08-08 22:25 | 読書

暑くて眠れないので愚痴を吐いてみる

部署の全員が集められ、上役に説教をくらう。
業績が落ちてるのは確かだし、我々に責任がないとは言わないが、
他部署の不始末を(なぜか)こちらが処理し、時間や人員を
割かれていることを思うとむかっ腹が立ってしょうがない。
こればかりは結果を出して見返すしかないが……

仕事あがりに、某花火大会の帰り客に巻き込まれて難渋した。
隣席で酔っ払いが大声を出すのに閉口し、ウォークマンで雑音を消すことにする。
このときばかりはノイズキャンセラー付きの機種を選んで良かったと思う。

ようやく席に座れたので、適当に買ったラノベを読み始めたが、
内容その他のひどさに、読み続ける気力を失う。
こんなものを商品として世に出す著者も著者だが、
校正もまともにできないと思しき担当編集者も同罪である。
せめて誤字誤用、地の文での人称の混乱くらいは修正してしかるべき。
マルチメディア展開している有名作品なら、
ある程度の品質はクリアしているだろうと思いきや、とんでもない地雷だった。


◇    ◇    ◇


こう書き出してみると7月最終日はなんともひどい一日だった。
8月は心安らかでいられますように。
[PR]
by kanjinkankyo | 2010-08-01 00:07 | 日記

ダイエットときどき読書。目標69kg。
by kanjinkankyo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最近の閑@管理人

・株主になりました。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな